大混乱の会社

 事業撤退をすすめている会社では、相変わらずいろいろなことが起きている。通常、「事業撤退」とか「リストラ」とかマイナスイメージの強いイベントは、取引先、仕入先、従業員、など関係者にどういうスケジュールでどのようにアナウンスするのか、綿密なシナリオを作って、何度も何度も検証する非常にデリケートな扱いを要求される(もちろん秘密裏)。

 ところが、この会社ではとんでもないことが起きてしまった。何と仕入先に対して事業撤退するよー、って連絡してしまったらしいのだ。誰が?いつの間に?もうビックリ、晴天の霹靂ってこういうこと言うのかな?ちょっと違うか。まあいいや、とにかくこういうのがリークされると、いろいろと尾ひれがついてあとの火消しが大変なことになりかねない。

 まあ経緯はいろいろあったんだけど、どうやら原因(元凶)は社長ということがわかった。おいおい、しっかりしてくださいよーーー。あんたがなし崩しにそんなこと指示してたら何にもならないだろうって。

 まあ、この会社はもともと情報が勝手に流れ出したり、「知らなかった」「聞いていない」ということが日常的に頻発し、結果として社内で行き違いというか疑心暗鬼を生み出していたのだ。そしてこうした事象が社員の就業意欲を低下させ、人材の流出を招き業績の悪化という最悪の事態を招いたと言える。

 今後、会社の中を変えていかなくちゃならないけれど、ここは経営トップによって情報の流れが滞ったり、決定事項がいつの間にか改変されたりというのが大きな問題だ。情報がサラサラの血液のように組織内を循環するには、この経営者を入れ替えるか(そんなことは出来ないよなあ・・・)、社員に対する指示命令系統を再定義して、経営者の命令権限を大幅に縮小、というか剥奪するしかないような気がする。

 実際、既に数ヶ月コンサルとして関与してても、いわゆる本題のコンサルティングに携わる時間は極めて少なく、大半は社内の情報の流れを交通整理するのに時間を費やしているありさまだ。それくらい組織内は混乱している。
 何も成果が上がらないと、やはり自分の手腕を問われる日もくるかもしれないし、こんなことばかりでは、もうやってられないよ、もう勝手にしたら?と感じる今日この頃である。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>