社内を流れる情報4

 それにしても暑い。今日は新しいコンサル先への提案書の作成、これがなかなか進まない。どうも波に乗るまでおそろしく時間がかかる。

 ところで、以前とある企業の部長さんから、「職務分掌」に関して「こういうの作ったんだけどどうでしょうか」とご相談をいただいたことがある。
 一生懸命苦心されて作られただけあって、よく出来ているなあと感心してたんだけど、ひとつだけ気になったことがあった。

 それは、業務ミッションに「報告をしなければならない」という記述がなかったことである。正確には、なかったわけでなくて、業務に絡んで明確にされていなかったのだけど。
 つまり「上長からの求めに応じて報告し云々・・・」というような記述はあったけれど、これでは掛け声だけに終ってしまう。ホウレンソウをしっかりやりましょう、というスローガンだけが勇ましいのと同じだ。大体、上長の職務ミッションに報告を求めるという項目が無いのだから。

 社内を流れる情報2でも書いたんだけど、やはり個々の業務項目に関して、「~を行い、その過程および結果を報告する」という一文を付け加えることが必要だ。業務ミッションに報告を明記するということは、そういうことだ。
 営業や製造など業務機能の「~をする」だけでは、組織としては成り立たない。報告や連絡があって初めて、組織的な活動が可能になるのだから。

 目標管理制度や、その他いろいろ管理する仕組みが取り沙汰されているけれど、報告・連絡がミッションとして定義されていない場合には、いずれを採用したとしても、うまく機能しないのは目に見えている。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>