ベンチャー企業

 今日は中小企業基盤整備機構の名古屋医工連携インキュベータに行ってきた。来年を目処に新規事業を始めたいと考えているから、ちょっと足を運んだというわけだ。
 かねてからコンサルだけでなく、モノを売ったり作ったりと実業もやってみたい、と考えていたんだけど、突然ここに行ってきたのは何も入居を即座に考えて、申込みに行ったというわけではない。

 実はここのマネージャーのひとりが以前勤務していた会社の後輩にあたるのだ。当時は一緒に仕事をしたことはなかったし、あまり顔も知らなかったけれど、私が辞め彼が辞めてからはまあ、お互いアウトロー同士ということで、結構いろいろと情報交換している。ということで、ちょいとアウトローの話、いやアントレプレナーの話を聞かせてよ、と半分遊びに行ったというわけだ。
 私は6年前、彼は約1年前に会社を辞めて現在に至っており、会社を辞める順番でも自分の方が先輩になるわけだが、この世界では既に彼は相当のノウハウを持っていることだろう。

 暑い炎天下の中、JR鶴舞駅から歩くこと15分。以前、サッポロビールの工場があったところを再開発したらしい。周囲にはマンションや大型商業集積が立ち並んで賑やかなところだ。暑い暑いと言いながら、やっと着いた。

 まあ、世間話なども交えながら、私の協業者となる者も交えてぼんやりした事業計画や、出資者の集め方とか、商品の市場化の話とか、話題があちこちに飛びまくった雑談をしてきた。世間話を交えながらの雑談だから、大体どの程度の内容か察しがつくというものだ。

 で、最後に事業計画のフォームをもらってきて、賢い書き方なんぞを教えてもらいながら帰ってきた。コンサルタントが事業計画の書き方をコンサルタントに教えてもらう、なんてちょっと恥ずかしい話なんだけど、出資者とかにアピールするには自分も知らないそれなりのコツがあるだろうに違いない。ということで、素直にフンフンと聞いて帰ってきた。

 まあ、これから協業者と打ち合わせしながら、事業計画を詳細に作成していくことになるだろう。その間に、詰めなければならないこと、解決しておかなければならないこともたくさんある。大体、「何始めるんだ?」と聞かれても今は諸事情により何も明かせない。
 ただ、自分の中では確実に計画は具体化しつつあることは確かだ。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>